カラコンの購入で視野の拡大や自然な見え方を実現

視力が悪い方の中には度ありのカラコンの購入を検討している方もいるでしょう。カラコンを取り入れることによって視野の拡大や自然な見え方を実現できます。

通常、メガネにはフレームが付いています。そのためその分視野が狭くなります。例えばメガネの視野は120度であるのに対して、カラコンの視野は200度になります。ほぼ、視力が悪くない方と変わらない視野を実現できます。視野が狭くても日常生活においてあまり支障はないのでは?と感じられる方もいますが、自動車を運転する時は視野が広ければ交通状況を幅広い範囲で確認することができるため、安全な運転を実現できるメリットがあるでしょう。

度ありのカラコンはメガネに比べて自然な見え方を実現できます。基本的にメガネを着用している方は眼球と眼鏡の間に隙間ができます。その隙間は約12ミリに達することもあり、この幅が広ければ自然に物を捉えることができません。例えば近視用のレンズを使用の場合、実際のサイズよりも物が小さく見えます。一方、遠視用の場合、実際のサイズよりも隙間があることでサイズが大きく見えます。また、メガネで物を見ていると移動によって物がゆがんで見えることもあるでしょう。一方で度ありのカラコンは隙間がないため、正確に捉えることができます。フォーチュンコンタクト